不安神経症 症状克服〜満員電車で大便をもらしたことはありますか?

朝ラッシュの満員電車で大便をもらした私。〜不安神経症 パニック障害

パニック障害、不安神経症ブログ

※私は不安神経症・パニック障害の症状が完治し、
2013年2月現在も症状戻りもなく
順調に生活しています。
このブログは私がパニック障害、不安神経症の症状で
苦労した時の体験談です。
実際に私は治っているので、
今お辛い思いをされている方のお役に立つと思います。



2000年10月、私はいつものように会社へ出勤した時の話です。
地下鉄東西線浦安駅(千葉県、ディズニーランドのある市)、
朝8時にいつもの快速に乗りました。

私の職場は茅場町(東京都日本橋)です。
茅場町までもちろんギュウギュウです。

木場から茅場町は日本で3番目に混むところなのです、
その東西線のラッシュたるやすさまじいものです。

 

 

 

地下鉄東西線の路線図です。
不安神経症,パニック障害,心理療法

浦安→茅場町間は朝、快速で25分弱です。

 

 

 

ちょうど西葛西に差し掛かった時、
電車に乗ってからたった5分しか経ってないのに

急に猛烈な便意に襲われました。
「まあ、仕方ない、東陽町で降りるか…」

 

 

 

こう思ったのも束の間、
「あれ、今日は(お腹の様子が)いつもと違うみたい…」

 

 

 

「あれ?あれ?あれ?」

 

 

 

私の意に反して肛門は緩み 持ち応えられず
満員電車の中で にゅるにゅると脱糞してしまいました。

ただ、大便はズボンの外に出ませんでした。
臭いもなかったので助かりました。

 

 

 

「仕方ない、とりあえず東陽町でトイレに行って
会社に電話しなくちゃなぁ…」

こんなことを思いながら、東陽町で降りました
(浦安〜東陽町は快速で10分)。

たった10分の間に
こんなハプニングが起きるとは思いもよらなかった…。

 

 

 

トイレで下半身をできるだけ綺麗にして、
着替えるために家に帰りました。
帰宅する途中で会社に「歯の詰めた所が取れたので

午前半休をください」と電話をかけ、
遅れて出社する旨許可をもらいました。

 

 

 

家に帰って、ズボンを風呂場で洗い、おおむね綺麗にしてから
洗濯機でズボンを洗っている間に風呂に入りました。

ズボンを干して、少し家で休んでから会社に向かいました。
朝とうって変わって、昼の電車は大変空いていました。

朝は押しくらマンジュウなのに、昼間はとても空いていて茅場町まで座れました。

 

 

 

 

その日は、通常通り午後半日だけ仕事をして帰宅しました。
それからです、だんだん調子がおかしくなっていくのは…。

 

 

 

 

※私はパニック障害を一度は克服したのですが、
2006年秋頃からまた症状が出始めました。

原因は、仕事です。
仕事でストレスがあるので、私の体の弱い部分にそれが

現れるのでしょう。電車の中で気分が悪くなることがあります。
電車酔いではなくあの時の気分の悪さと同じです。

ひたすら、自律訓練法(後述してあります)をやります。
気が紛れるのですが、完治するのは難しいのかもしれません…。


気分が悪くなるのページに進む


パニック障害(電車)TOPページに戻る